FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
若く見えるのか?!
これまで私は、ただ持ち上げられていたのかもしれない・・・。

これまで私は、ただお世辞を言われ続けていたのかもしれない・・・。

「若く見える」なんて・・・

嘘っぱちだっっっ!!



周りからのこれらの言葉を、つい1年前までの私は間に受けていた。

本当にそうなのだ、とどこかでフフンと笑っていた気さえする。


職業柄若者から「ばばぁ」だの「おばさん」だの言われていた。

でも結局は「うそだよ、若く見えるよ」「え~!!もうそんな年なの!?見えない」

なんて言われてたから、ついそっちが事実なのかと思って

どんなに「ばばぁ」だの「おばさん」だの言われても

冗談で言われているのかと思って、私はただ「あはは」と笑っていた。

笑っていたっ!!!



数ヶ月前、ガラスに映る自分を見た。

目の下は落ち窪んで、頬はふくらみを止めていた。

たるむことに精を出すと決め込んでいた・・・。

数ヶ月前、洗面台の鏡に映る自分を見た。

コンタクトをはずした私の目には、肌色よりも目の下のクマの色が多いように見えた。

私はいつの間におばさんになった!!?


今までは若者たちに「彼氏いるの?」と聞かれたりしていた。

それが今じゃ「結婚してる?」か「子供いないの?」だ。

そりゃそうだ。私の周りには結婚している友人も多いし、

お子さんがいる立派なママも多い。

ただ・・・なんとなく自分の「心持ち」「スタンス」というものを考えてしまった。


私は「妻」を望み、そして「わが子」を望んでいる。

なのになぜ現実より若く見られて当然なんて思い込んでいた!?

自分が恥ずかしく、情けなく、あきれた。

若いと思い込んでいた自分にようやく気づいて、あきれた。


「年相応にみられたい」といい続けていた若かりし私。

バカヤロー、あの頃から私は年相応に見えていたんだ。

それなのにお世辞を真に受けて・・・。

年相応でなかったのは若く見えると思い込んでいた私の浅はかな考えだ。


年齢はみな平等にあたえられている。

時間を積み重ね、経験を重ねて今がある。

年齢を気にするなんてなんて恥ずかしい。

そう思っている私自身が、他人事のように自分は若々しいと

思い込んで喜んでいた。潜在的に。


いつまでたっても自分自身を見つめなおす時間は欠かせない。

若く見える必要がどこにある!?

見た目の判断をされて怒っていたのは私なのに。


と思いつつ、いいつつ私は今日、コラーゲンドリンクを箱買いした・・・。


若く見られたいことと美肌を保つことはイコールじゃないもんね!!




スポンサーサイト
[2012/06/01 22:03] | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |
TEAM-ELLE


いつか花を咲かせる日が来るまで、 いろんな気持ちを書き留めてゆく・・・。

プロフィール

サリー

Author:サリー
サリーです。
出身地:北海道
現在地:北海道
好き:オシャレ、犬、美しい人、舞台鑑賞、バラ、空
今月の目標:沈黙

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。