FC2ブログ
蹴散らせ!勘違い男
ここ最近イライラしながら考え続けていることがある。

これは人によって考え方は様々なのかもしれないけど、私は断固反対。許せない。

職場の既婚者が、独身女性を食事に誘うこと。

まぁ、これだけ聞けば「別にいいじゃん」となるかもしれないけど、

私一人だけを、それも夜、隣町での食事、となるとどうでしょう?


前の職場にも二人そういう男がいた。そしてこの職場でも二人、現れた。

「既婚者だろうと誰だろうと、ご馳走してくれるならラッキー♪」と思う人もいるだろう。

でも私は違う。好きでもない人からのご馳走にもプレゼントにも興味はない。

その時間はまるで無駄だし精神的負担が大きすぎる。

何より“ご馳走”や“プレゼント”に引かれてついていく軽々しい女だと思われるのが悔しい。


前の職場の一人はもはやノイローゼかのように私に執着した。

「サリーに殺されたい」だの「サリーに彼氏がいようがいまいが俺はもう止められない」だの。

もう一人は“いつまでも若く魅力的な男でいたい”症候群。

そしてこの職場に来て間もなく丸2年。

一人目は私の将来の夢を応援してくれていた。今思うとすべてが下心だったのではとさえ思える。

「結構です」という私を無視して週に一回将来に向けた勉強会を勝手に開催していた。

後輩も同じ夢があるのに私にだけ勉強会を開き、「彼女(後輩)からは本気さが伝わらないから」と言った。

しかし勉強会が進むにつれて毎回お菓子をくれるようになった。そしてやがて・・・

「サリーにだけ勉強を教えるのは、サリーはとても気が利くし誠実だから絶対に夢を叶えてもらいたいから。

あと、昔憧れていた女性を思い出させるから俺はとても冷静じゃいられないんだ」といい始めた。

そこから始まり職場のみんなでランチに行くとき彼が車を出したのだが「助手席に座ってくれる?」

だの、「○○さんの結婚を祝ってあげたいんだけど○○さんと二人きりで食事するのはマズイから

サリーも来てくれる?」と言っていたくせに「デートしてください」と。私とは二人でもいいんかいっ!?

しまいには「○月○日の夜空いてる?食事の後夜景でも見に行かない?」・・・・。

この一言で私は完全にコイツは私の夢を応援してくれているのではないと確信した。

そして同僚の助けを借りて「もし私の夢を本当に応援しているのなら食事に誘ったりするべきじゃないと

思います。もし既婚者のあなたと夜出歩いているところを誰かに見られて勘ぐられて変な噂を

流されたとき、将来が駄目になるのは私です。そんな簡単なことも分からない人に勉強を教えてもらう

必要はありませんのでもう止めてください」と言った。これで勉強も食事もすべてがなくなった。

しかし、やはり同じ職場内にいれば目も合うし挨拶もする。もうそれすら不愉快だ。

そしてこのたび二人目の男が現れた。

まず9月、私の誕生日にとてつもなく立派なピンクや紫の花束が届いた。

好きな人からですらもらったことがなく、「いつか・・・」と憧れていた男性からの花束は

別になんてことないただの職場のおじさんからもらう結果となった・・・。

いつも彼は私と後輩を誘い、食事やお酒をご馳走してくれていた。

しかし・・・年末あたりから様子がおかしく、「新年会をやりましょう」とメールがきた。

私は当然後輩にも同じメールが行っていると思っていた。「○月○日はどうですか」というメールが。

年明け後輩とその話をすると「それマズイんじゃないですか?私には来てませんよ」と。

前回の既婚者事件のことも知っている後輩は「またか」と言い、私たちは構えた。

年始、彼は南国に旅行に行ったらしく、そこから1枚のはがきが届いた。

後輩が「旅先でサリーさんのことを想ったのかなぁ・・・」。ゾッ

そして数日前彼と職場で話す機会があり、流れていた新年会の話になった。

「○月○日の夜、都合悪くなければゆっくり食事でもしない?」と言われた。

毎回うまくごまかし、今回も逃げ切れたが、やはり誘われたのは私だけだった。

ゆっくりって・・・。しかも前回の人と同じく隣町でかい・・・。


これらの件で共通しているのは、みんな私を応援してくれている人ということ。

「サリーの将来に役に立ちたい。力を貸したい」と言ってくれる。

つまり、最初は「若者を応援しています!」という頼もしいキャラなのだ。それが

徐々に変化し、やたら私生活に踏み込んでくるというわけだ。

なぜみんな私が迷惑していることに気づけないのだろう?「結構です」と言っても

「いやいや、遠慮せずに」って、遠慮じゃねーよ、嫌なんだよっって分かんないかなぁ~??

彼らからの食事だの何だのの誘いに「わぁー♪」って喜ぶとでも思ってんのか。ずーずーしい。

いいから奥様や家庭に心や時間を費やしてやれよ。


前の職場で相談に乗ってくれた女性は「みんなに対するサリーの笑顔を、自分だけに向けられた

ものと勘違いしちゃっているんだね」と言っていた。


これでもやっぱりこういう話が世間に出回ると“私が悪い”と判断する人もいるのだろうか。

私が何をしたっていうんだっ!!



やはり私は、私が目指す“凛として気品のある旗幟鮮明”な女性にはほど遠いってことなのかな・・・。


スポンサーサイト



[2011/01/22 10:56] | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(5) |
28-14・・・14!?
中学2年生のときにアメリカ映画が好きになった。
当時買っていたファッション雑誌に偶然「バスケットボールダイアリーズ」の
宣伝が掲載されていて、特に興味はなかったものの、そこに写っていた
レオナルド・ディカプリオの美しさが印象的だったらしく、私の頭の中に記憶されていた。
クラスでミキがレオの話をしたのに違和感なく相槌をうてたのには自分でも確か驚いたはず。
その日から私とミキはぐんぐんとアメリカ映画にハマっていった。

初めて映画雑誌を買ったとき、表紙は今でも大好きなナタリー・ポートマンだった。
雑誌を手にしたときはまだ彼女のことすら知らなかったけれど、
その雑誌を開いてから今日まで、ナタリーが私の一番好きな女優だ。
「レオン」は素晴らしかったし、「ビューティフルガールズ」は本当に大好きな映画。

私とミキをアメリカ映画の魅力に引き込んだレオは、その後「太陽と月に背いて」
「マイ・ルーム」「ロミオ+ジュリエット」と勢いを増し、いよいよ「タイタニック」で
世界中で知らない人はいないくらいのスーパースターとなった。

私たちが存在を知った頃にはもうこの世に存在しなかったリバー・フェニックスに
憧れていたけど、気づけば彼が亡くなった年齢をとうに過ぎていた。

「マイフレンドフォーエバー」を観て以来応援していた同い年のブラッド・レンフロは
数年前に他界した。


今日久しぶりに「ジャック」を観たら、映画と映画を観てきた自分をふと振り返りたくなった。
レンタルショップに行くたびに借りていた「ジャック」。10回はレンタルしたんじゃないだろうか。
“毎回借りるくらいなら”とVHSを買った10年前。ビデオテープは擦り切れんばかり。
今はDVD、ブルーレイの時代か。擦り切れないって本当に助かる。
いやぁ、でもやっぱり素晴らしい映画だ。1秒も無駄がない。
ん?いや、無駄がないのでなく、1秒1秒すべてが完璧だ。
私は今日以降、あと何回この映画を観るのだろう。


日本のTVドラマもそうだけど、ふと振り返りたいあの頃のTVや映画って
当時VHSにはなっていてレンタル出来たけど、DVD化されていないものって結構多い。
こんなんならこれまで観てきた映画すべてをレンタルでなくて購入しておけば良かったなぁ。


「ジャック」を観て、中学生の頃を思い返した今日。
中学時代のたくさんの友達を思い出すけど、映画といえばやっぱミキだ。
ミキについては前にもこのブログに書いたことがある。
私にとってミキってやっぱり、思っている以上に印象深く、刺激的な存在だったんだなぁ。
今はどこでどう過ごしているのだろう。
ミキは私を思い出すことってあるのかなぁ。
私たち、あの頃の倍の年齢になっているよ。

映画にしても女優にしても「ジャック」にしても、
“好きなもの”って、そんなに簡単に変わるものではないんだね。
もちろん、それって少しも悪いことではないけどさ。
映画や音楽は、それそのものだけでなく、“私たち”ですらある気がする。


♪とても好きな映画たち♪
「8月のメモワール」「クールランニング」「シザーハンズ」
「ダーティーダンシング」「ビューティフルガールズ」「すべてをあなたに!」
「Dearフレンズ」「ジャック」「ウィズユー」「アイアムサム」
「コヨーテ・アグリー」「キューティーブロンド」「ここよりどこかへ」
「プリティプリンセス」「デンジャラスビューティー」「マイティジョー」
「クリスティーナの好きなこと」「きみに読む物語」「p.s.アイラブユー」ほか


ひひひ、今日はとことんマニアック!!

[2011/01/11 00:28] | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
TEAM-ELLE


いつか花を咲かせる日が来るまで、 いろんな気持ちを書き留めてゆく・・・。

プロフィール

サリー

Author:サリー
サリーです。
出身地:北海道
現在地:北海道
好き:オシャレ、犬、美しい人、舞台鑑賞、バラ、空
今月の目標:沈黙

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する