FC2ブログ
遅くても私は今から!
前回の日記に書いたように、年末は旅行、実家で随分と楽しんだ。

だけど、年が明けた今、ぬくぬくダラダラしている時間はない!!!

本当は、この日記を書いている時間すら無駄・・・とさえ言えるのだけど、

でも自分の心の動きを書き留めておくことは、とっても大事なことだからいいのだ。


焦っていますよ、本当に、考えすぎて震えてしまうほど!

仕事そっちのけで集中したいけど、どうにも放ったらかしにはさせてもらえない。

まぁ、そりゃそうだよね。本来仕事が本業。しっかりやらねば。


ただ、冬のスクーリングまであと6日。5日後は飛行機に乗って東京だ。

それまでにやらなければならない数々の課題・・・終わっていない~~~!!

あと少しで完成だ、気を抜くな!!

7月の試験に向けての勉強は・・・少しはするはずだったのに・・・少しもやっていない。

東京から帰ってきたら専念するんだ!!


東京に着いたら授業の準備はもちろん、25日の試験に向けて勉強だ!

25日の試験が終わったら、卒論に向けての具体案をまとめることと、

5月の実習に向けての準備だ!

2月になれば、7月の試験にむけてひたすら問題を解いて解いて解きまくれ!!

5月はきっと倒れそうになりながら、目まぐるしく過ぎていくだろう。

だけど倒れている暇は無い。6月はゲッソリ痩せるほど必死で取り組め!!

そして7月の試験が終わったら、痩せこけた姿を母や友や恋人に披露しよう♪


と、今年の私のスケジュールはすでにビッシリ!!

ただ、この通り行けばいいんだけど・・・自分にあっま~いのが私ですから。

どうなることやら。


ただ、難関を乗り越えるには、まず挑戦が無ければ始まらないし!

もう一度本気になってみたいんだ。

あの頃のように、何もかもを1つの目標に向けて走りたいんだ。


あの頃より年は重ねたけれど、随分と弱くなったし、ずるくもなった、甘えるようにもなった。

だけど、年を重ねた分頑張れることもあるはずだ。

「あちゃー」も「うわー」も、とりあえず試験が終わるまで気にするな!


全力を出し切って、痩せこけて倒れそうになる抜け殻の私になりたいので、

どうか私を応援してください。

ウダウダ、ダラダラしているようなら

「あんたの決心なんてそんなモンだったのかい!!」と怒鳴ってください。

そのとき私はふてくされたような顔をするかもしれませんが、

それはきっと私自身を恥じ、責めている表情です。


あぁ、頑張れ。甘えるな私っ!!!
スポンサーサイト



[2009/01/13 18:25] | 夢のはなし | トラックバック(0) | コメント(0) |
年末にいた酷い女
付き合い始めのデートを振り返ると、彼と私とでは違ったことを記憶していて、

どれが正しい記憶なのかすら分からなくなってしまう。

楽しい楽しい時間を忘れてしまうのはもったいない!!

だから年末の思い出をここに記録しておこう。

12月25日(木)
北海道の空港待合席で私の作ったクリスマスケーキで出発を祝う。
最終便で東京に向かう。
到着後、宿泊ホテル付近の繁華街にて、
「年末年始はカロリーの高いものを摂取しがちだから今晩は和食を」と居酒屋へ。
彼がキムチチャーハンを頼んだ。最近彼にキムチチャーハンを作ったばかりなのに。
私の手作りチャーハンに比べたら、居酒屋のチャーハンは美味しくないって言っていたけど嘘だろう。

12月26日(金)
朝ホテルを出発する直前に1日遅れのクリスマスプレゼントを渡す⇒手編みの手袋 笑
不器用な私が作ったこの手袋は、この旅行期間中徐々にほつれ、やがて使い物にならなくなる。
水族館、遊園地のあるテーマパークへ。
上から下にハイスピードで落ちる絶叫マシンは、私一人で乗ることに。
ジェットコースターは点検中で乗れなかった。残念がる私と、
残念がっているフリをしつつ実は喜んでいたはずの彼。
水族館デートが大好きな私。今までの水族館デートで最高のイルカショー。
閉館直前に水流コースターに乗ってしまい、服が水浸し。そのまま高級西洋料理レストランへ。
コートを脱いでカジュアルな服を着ていたことに気付いた私は、コートに付いているファーを服の上から身につけ食事した。
夜カクテルを飲みに出かける予定だったが、あまりの寒さにホテルに戻る。

12月27日(土)
25周年テーマパーク。25周年グッズにときめく。
船や汽車、ショー、パレードをメインに楽しむ。
アレも見たい、コレも見たいと立て続けにリクエストする私に、彼が「そんなにどれもこれもは無理だよ」と低い声で呟き、私は逆切れする⇒しばらくふてくされる。パレードを観て元気復活。
ジェットコースターで彼、気絶(嘘)。
最高のロケーションで2ショット写真を。今年も撮れて良かった♪
連日の寒さと疲れに、ホテルに戻ると高級ベッドで2人とも即効ダウン。

12月28日(日)
ピンヒールのブーツを履いていた私。長時間歩くのには向いていない靴と分かっていながら履いて出かけた。そしてその痛みが、この日ピークに達する。
ホテルから、本日のメイン会場へ向かう途中、東京駅で私のために歩きやすい靴を買おうと提案してくれた優しい彼。東京駅で降りるも、すぐに店は見つからない。
痛みがピークに達し、また暑さにもヤラれ、「もういい!!」と投げやりな態度をとった私に、普段超温厚で、大きな声を上げることなど無いに等しい彼が
「ダメだよ!良くないでしょ!!店もう少し歩けばあるから!!」と。
「こんな靴を履いてきた挙句にふてくされている私に対しても、熱く接してくれる、なんて優しい彼なんだろう」と思いつつも、私は常にひねくれ者。「もうヤダ、これで歩き続ける。出来るもん」と生意気な態度で勝手に歩き出す。
結局メイン会場直前にあったデパートで歩きやすい靴を購入。急にご機嫌になる私。
そんな私にも絶対優しい彼は「可愛い靴だね」と。こんなに完成度の高い人間はいないね。感謝。
メイン会場で鑑賞した舞台は最高!!どうして今まで観る事が無かったんだろう!!!
このあと、二人のお気に入りの餡蜜を食べに移動。食べたら浅草を観光しようと彼が提案して
くれていたのに、歩く気力を失っていた私は餡蜜を食べながら「やっぱり浅草行きたくない」と。
「またぁ、サリーちゃん・・・」といよいよ呆れ顔。せっかく大好きな餡蜜を二人並んで食べてるのに。
いつも楽しい時間を台無しにするのは私。分かっていながらも彼に甘え、またやってしまった・・・。
結局銀座でお買い物して、夕食を食べてホテルへ。
銀座に到着した時点でもうすっかり夜。ここでも彼は優しくて、
「もうこんなに遅いんだから、浅草行かなくて良かったのかもね」って・・・。
夕食を食べながら、自分自身の言動を振り返り反省し、彼に謝る。だけど彼は
「もっと甘えていいんだよ。自分にガッカリしちゃダメなんだよ」って・・・。涙が出るかと思った。
いつもそう。どんな時も彼が全てを許してくれて、優しさに包まれる私は、調子に乗って酷くなる。

12月29日(月)
昼に北海道に到着。あっという間だったね。
この後私たちは、それぞれに実家に向かって帰省した。


この旅行は9月頃から少しずつ決めていったプランだった。

11月までは非現実的で、夢のような話だったけど、12月になると、楽しみで楽しみで

仕事に集中出来ないほど、待ち遠しかった。

でも、本当にあっという間だったね。

結局成長できなかった私。甘ったれでした。

4泊の旅行は初めてだったけど、たくさんの思い出を作り、

大きなアルバムをゆっくりと閉じるかのように、ふんわりと終わった。


[2009/01/08 19:04] | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |
TEAM-ELLE


いつか花を咲かせる日が来るまで、 いろんな気持ちを書き留めてゆく・・・。

プロフィール

サリー

Author:サリー
サリーです。
出身地:北海道
現在地:北海道
好き:オシャレ、犬、美しい人、舞台鑑賞、バラ、空
今月の目標:沈黙

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する