FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
恋人の涙は
昨日流した涙を、今日まで引きずった。

昨日は随分、心が震えた。

あなたという人の大きさに、強さに、優しさに。

こんなにも、私を理解しようとしてくれる人に出会えたことを、

心から幸せに思う。


いつか、私もあなたを包もう。

そんな人間になろう。

あなたと同じ色の涙を流せる、そんな人に。


あなたと出会ったことでぶつかる

不安や、悲しみや、怒りや、憎しみ。

だけど、あなたと出会わなければ、

喜びも、ときめきも、笑みも、幸せも、

随分少なく過ごしていたんだろう。


なんて素敵な出会いをしたのだろう。

もっと早く出会っていたかった。

ううん、もっと私が成長した頃に出会いたかった。

違うね。このタイミングで出会えたからこそ

今の私があるんだね。

あなたに守られ救われ包まれていることに、

心から感謝してるよ。

大切にしてもらってる。

幸せにしてもらってる。


奇跡みたいだけど、夢のようだけど、だけど、

出会うべくして出会ったと信じてる。


素敵な人がそばにいる。

いつも近くにあなたがいる。

いつでも見守ってもらえている。

ありがとう。


昨日、私の苦い涙を、感動の涙に変えた人がいます。

それはあなた。

その感動の涙は、今日まで引きずった。

あなたがいる喜びに、今日も涙を流した私。


スポンサーサイト
[2008/05/29 21:01] | 恋のうた | トラックバック(0) | コメント(0) |
ラン!サリー、ラン!
タイトルは、とある外国映画を真似たもの。

その映画は観たことがないけれど、

タイトルで言うと、今の私にかなりマッチしていると思われる言葉なのだ。

そう、走ることにしてみた。久しぶりに。

本格的に走るのは、高校生のとき以来。

と言っても、ブランクがありすぎるし、あれから年齢もかなり重ねた。

だから、本格的と言いつつも、気持ちよく、楽しく走ろうと思う。


なぜ突然こんなことを思い立ったかというと、

職場の数名でチームを組み、駅伝大会に出場しようと盛り上がっているからだ。

盛り上がっているのは私ともう2名くらいのもので、

無理矢理誘ってなんとか出来上がったチームだ。

中学、高校と陸上競技部に所属していた私に、

社会人マラソンや駅伝の誘いは多くあった。

しかし、どれも冗談めいた言い回しで、私自身気持ちは揺れても、

本気でトレーニングを始める気にはならなかった。

今回も今までと同様、冗談めいた言い回しの誘われ方だった。

それでも私は、走りたいと思った。久しぶりに。

走ってみようと思った。無理矢理にでもチームを作って駅伝を、と思った。


振り返ってみると、私は自分と闘っているときには、

常に「闘い」と「走る」こととを同時進行していた。

守られた空間から社会へ飛び出そうとしていた高校時代。

それから、生きる環境をガラリと変えねばと必死になったあの頃。


「ただ走るだけなんてつまらない」と言う人が多くいる。

確かにそうだろう。ただ走るだけなら。

私は「ただ走っている」わけではなかった。


行き詰ったとき、落ち込んだときに走ってみると、

解決を急ぐ必要はないと、気持ちがおおらかになった。

腹が立ったとき走ってみると、

あと少し自分が優しくなればいいのだと落ち着けた。

嬉しいとき走ると、

頭の奥でテンポ良い音楽が流れ、心は益々虹色になった。

どんなときでも走ると、自然と心は晴れ渡り、そして吸う空気に苦さは無かった。


たくさん走ってきた私だから、そのときには、たくさんのことを考えた。


苦しい瞬間は確かにある。

どんなに走ってもリズムに乗れずに終わる日もあった。

だけど、私はいつも前を向いて走っていて、

頭と心と視線の先には、未来の自分がいたから進んだ。

走っているときの私は、体が重くても、想いはいつも誠実だった。


そう、それを思い出したのだ。

ナゼ今私は走りたいのだろう。

それはとても簡単なこと。

最近焦りすぎている私に大らかな心を取り戻し、

いつも心に描いている未来に向かって、確実に進みたいと思っているからだ。


走るのが速いわけじゃない。

タスキを繋ぐ責任だってあるけれど、

走ることで、駅伝による自分の区間が与えられることで、

あの頃の私に戻れるような気がする。


もちろん、そのことばかりに気を取られ、

肝心の勉強を怠ることなど、あってはならない。

分かってる。もう26になるんだから。

駅伝を走ったのは15歳、ジョギングを続けていたのは21歳、

年を重ねた分、経験が増えた分、上手にやるよ。


体も心も、全ては自分のために。

今だけは、自分のために。

ラン!サリー、ラン!!





[2008/05/15 21:37] | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(3) |
母の日は快晴
あまり大きな声では言えないが、

高校生のときの私は、トイレ掃除や、お風呂掃除など

家族のために働いたことは、一度だって無かった。

しかも、それがどんなに情けなく、恥ずかしいことかも分かっていなかった。

まるで当たり前のように、大きな顔して、わがまま放題生きていた。

今だって、周りから見れば「わがまま放題」生きているように

見えているのかもしれないけど、

一人暮らしをするようになってようやく、

働きながら家事をする大変さを知ることとなった。


私の母は、どんな想いで日々を過ごしていたのだろう。

仕事のストレスを背負って家に帰ってくれば、

グゥたらやってる子どもたちのためにご飯を作り、後片付け。

お風呂を沸かして、後片付け。

何もしないで、偉そうに分かったようなことを言いたい放題の子どもたち。

寝る直前にようやく訪れる「自分の時間」といった感じか。

怒涛の日々だっただろう。


それでも母は、一度も寝坊したことが無かった。

毎日私たちにお弁当を作ってくれたし、

休みには車で遊びに連れ出してくれた。

手伝いもせずゴロゴロしている私たちを睨みつけることも、

怒鳴りつけることもせず、ただ、包んでくれていた。

だから私はいつだって、欲しいものは持っていたし、

やりたいことはやっていた。

それがどんなに幸せで、感謝すべきことだったか、

今になってようやく気付くなんて、情けない自分が残念でならない。

母の苦労を多少感じていても、行動に移せず、

甘えてぬくぬくしていたことを、今になって悔やむ自分が腹立たしい。

もっともっと、力になれることはあったはずだ。

くやしいけれど、過ぎた日々は戻ってこない。

なら、これから少しでも役に立てるよう、誠実に生きていこう。


いつか頼りになる、誰よりも力になる娘に成長できたら。

その日のためにも、私は今やるべきことを完成させ、

母を安心させ、喜ばせることが肝心だ。

何とかやり遂げるつもりなので、もう少し時間をちょうだいね。

あなたの娘の私だから、きっとやり遂げる。


公の場で自分の母を褒めるのは、恥ずべきことかもしれないけれど、

5月の第2日曜日、母の日だし、今日は許してもらえるでしょう。


楽しい毎日を過ごそう。

いつだって真剣に、楽しんで、優しい気持ちで暮らしていこう。


[2008/05/11 15:42] | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(0) |
ルン♪でGO!
すごいね、タイトル。テンション高そ~。

特別ハイテンションというわけではありませんが、

でも、今の私は未来に向かってヤル気に満ち満ちています。

GWが終わり、明日からまた日常が始まります。

GWの3~5日は、大学の公開講義で仙台に行っていました。

昨年のGWも同じく。講義会場も、宿泊ホテルも昨年と同様でした。

ただ、天候には恵まれず、ザァザァではなくても、雨。

そして会場、私にとってはクーラーが強すぎて、寒かった・・・。

当初の予定では早めの夜ご飯を買って、近くの公園のベンチで

一人のんびり食べようと思っていたのにな~。

天気にも体調にも、そんな余裕がありませんでした。

でも嬉しかったことが1つ!!

講義最終日、お昼休みでのこと。

斜め前に座っていた女性(50歳前後かな?)がチラッと私の方を見たのが視界に入った。

「ん?」と思った次の瞬間、サッと私の机にチョコレートを置いた。

その女性は「ちょっと甘いけど美味しいから、どうぞ」と言った。

「私甘いの大好きなので嬉しいです♪いただきます」と喜ぶ私。

喜んだ理由は、チョコが大好きだから。しかし、それ以上に、

実は1日目にその女性を見かけた時から、

「素敵なファッションに身を包んでいるなぁ」と私の注目を引いていて、

お話してみたいなぁ~とずっと思っていたからなのです♪

小さな頃から人見知りな私は、なかなか声をかけられず、ただ見つめていました。(怖!)

カッチリとしたジャケットに、ロングの柄スカート、ふんわりボブが良く似合っていた。

私と同じ学科で、文学について少しお話が出来ました。

静かに、上品にお話をし、とってもキュートに笑う女性で、

第一印象以上に美しく、素敵な方だなぁ~と、惚れ惚れしちゃいました☆


昨年夏の東京スクーリングで友達になれた二人の女性を思い出し、

今回出逢った女性にしても、私は美しく、品のある立ち居振る舞い、

知的な話し方をする女性に魅力を感じていることを実感しました。

美しい女性は、私にエネルギーを与えてくれます。

「いつか私も『素敵な女性!!』と思ってもらえる女性になりたい!!」と

気持ちを高めて、前を向かせてくれます。

よし、仕事、勉強、美容、あらゆることを気合を入れてまた頑張ろう!!


明日はまず、仕事が終わったら即効で皮膚科にGO!です。



ちょっと長くなりますが・・・

以前「足りないもの占い」を教えてくれたキュートな友達が、

またまた面白いものを教えてくれたので、さっそく挑戦してみました♪

私の「理想の男性像」だそうです。面白そ~!結果は以下のとおりです・・・・・


割と明るい男性を好みます。

知的属性評価⇒普通の常識を持った、真面目過ぎず、悪でもない、普通の人。

体型⇒細身、スラーっとした体型。

見た目⇒時に男らしい男が好み。昔、男子の制服姿にグっときたタイプ。

顔⇒外人タイプの顔立ち。相当大人っぽい感じで、ガキは引っ込んでろ!と言わんばかりの
   大人好き。一回り上でも全然付き合える感じ。

芸能人で言うと⇒1.チュートリアルの徳井さん 2.大泉洋さん 3.佐藤浩市さん


スゴイ!!なんでこんなに当たるのだ!?私は細身の人が好きですよ。

制服姿にグっと来たかは憶えてませんが、学生服(学ラン)は確かに好き。(!)

そして今は、男性のスーツ姿が大好き♪

大人が好きですねぇ。ベラベラ元気に喋る人よりも、静かにうなずいてくれる様な人が好き。

ガキは引っこんでろ!とは思っていませんが、やはり可愛さより渋さに惹かれます。

好みの芸能人はちょっと違うかなぁ・・・。「この人!」って特にいないけど、

あえて言うなら小林薫さんが素敵だといつも思っています。

あぁ面白かった!!


[2008/05/06 19:44] | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
TEAM-ELLE


いつか花を咲かせる日が来るまで、 いろんな気持ちを書き留めてゆく・・・。

プロフィール

サリー

Author:サリー
サリーです。
出身地:北海道
現在地:北海道
好き:オシャレ、犬、美しい人、舞台鑑賞、バラ、空
今月の目標:沈黙

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。