FC2ブログ
春を待つ人
学ぶことの多い、「学生」になれる東京。

この冬の東京でも、得たものは多かった。


いろいろな町から、いろいろな職業の人たちが、

いろいろな想いを胸に、学ぶために集まる。大きくなるために。

仲間たちを見て私は、今の私が住む町、育った町を思い直し、

今の仕事を見直し、自分の想いを再確認する。


多くの仲間たちの中、卒業するのは全体の5%ほどだと聞いた。

意欲が無ければ進めない。諦めることは簡単だもの。

だけど、「なんとなく」ではなく、明確な目的を持って学んでいる私たちは、

刺激しあって、励ましあって、時間をかけて進むんだ。

その時間は、決して無駄ではない。


大好きな仲間たちが卒業していく。春を待つ。

大好きな仲間たちが卒業を目指す。春に行く。

大好きな仲間たちから、多くの輝きを分けてもらって、

私も卒業に向かい、夢へとつなげる。春を見る。

「じゃあ2年後にね」って。

夏の東京での別れと同じ笑顔と声で手をふるけど、

言葉の重みは全く違い、少し寂しく、少し切なかった。

私たちのあの夏が、やけに遠く感じて、

あの夏の私たちは、光だった気がした。

それでも「またね」と言い合える仲間がいる喜びを握り締めて、

必ず2年後に会うんだ。みんなでね。

遅らせるわけにはいかない。早くまたみんなで笑いたい。だから私は進む。

2年後みんなに「卒業おめでとう」って笑顔で言ってもらえるように。


前を向いている私たちは、遠い町で、それぞれに輝く。


短いけれど、こんなにも大切な、同じ時間を過ごすこと。

私を支えてくれてる。私を励ましてくれてる。やる気にさせてくれてる。

素敵な仲間たちの存在を、心から感謝してる。


次の夏、また会えたらいいな。

だけど、確実なのはやっぱり、

「また2年後にね」


スポンサーサイト



[2008/01/31 18:53] | 学生のこころ | トラックバック(0) | コメント(2) |
ようやく気づく大切なもの
二度と戻れないのだと思った。

二人で行った町にも、店にも、

怖くてもう二度と行けないとも思った。

恋が終わる瞬間を味わったような気がした。


いつものワガママ、長電話。

受け止めてもらうことしか考えていなかった。

全てを受け止めてもらえるとでも思っていたのかな。

我慢させてたね。

随分苦しめていたね。

あなたを温めるのは私しかいないと思っていたはずなのに、

いつのまにか、苦しめることしかしていなかったね。


こんな私なのに、

あなたは戻ってきてくれた。

こんな私を「好き」だって。

一体どこまで優しいのだろう。

だけど、もう優しさに甘えるばかりじゃイケないって分かったから。


「両思いって奇跡みたいなものだ」と

よく口にしていた私。

その奇跡の、あまりの居心地のよさに、

自分の幸せ、相手を思いやる心を見失っていたみたい。

もう二度と見失わないから。


心に目一杯つまっている愛情を、

しつこいくらいに言葉やしぐさに込めるから。

私の想いは、愛情で示したい。


母がいなくては、私は成り立たない。

友人たちに刺激をもらって生きている。

そして、あなた。

なんて大切な人なんだろう。

みっともなくても、絶対に放したくない。


ワガママで、すぐ調子にのる。言いたい放題で、ずうずうしい。

こんな私を、いつも温かく包んでくれているのが

私の恋人。

なんて素敵な人なんだろう。


世界でもトップレベルのいい男だよ、あなた。

本当に、本当に、いい男。

私が独占すること、世界中の女性に許してもらうから。

だから、私のことだけ好きでいて。

[2008/01/21 17:57] | 恋のうた | トラックバック(0) | コメント(0) |
最底辺の女
支えられてるばかりでは、

こんなふうになるんだ。

甘えてばかりでは、

こうなるんだ。


ごめんなさい。

泣かないで。

また笑ってくれますか?


こんな私じゃだめですか?

もう二度と

手はつないでくれないですか?


いい気になっていた私を

どこか遠くへ捨ててきます。

捨ててきた私の居場所は

残っていますか?


[2008/01/19 12:44] | 恋のうた | トラックバック(0) | コメント(0) |
ある日突然欲張りに。
2008年が始まったばかりの今、順調であります。

目標達成に向かって、小さく小さく、一歩一歩と進んでいます。

その、目標達成までの期間を、6ヶ月早めることに決めました。

この6ヶ月の違いは、私にとってはとても大きなものではありますが、

6ヶ月早めると、達成から夢への挑戦に切り替えるのがスムーズになるのです。

辛いのは当然。だけど、諦めてしまったら、その後の自分はもっと辛い。

辛いのと同じくらい楽しくもある。だからきっと目標は達成できる。


目標達成や、夢への挑戦は、今の私にとって、実に大切なこと。

だけど、他にも興味があることや、憧れることはたくさんある。


今日、職場の男性が、息子さんを連れて仕事に来ていた。

その男性は休日出勤時、息子さんを連れてくることが多いので、

息子さんと私は仲良しだ。(私が一方的にそう思ってるだけかも!?)

今日は一緒にDSでマリオをした。

彼はすぐ照れちゃうけど、挨拶がしっかりできて、元気一杯。

チョコをあげると「チョコ好きじゃない」と言うくせに、後でこっそり、しっかり食べてる。

しかも、別な人と話してるのを聞くと、「チョコ大好き」とか言ってる。ありゃ!?

オモチャの携帯電話で遊んでいるから、一緒になって「もしも~し」と言えば、

「それオモチャなんだから通じないんだよ」と言うし・・・。面白いなぁ~!!


こういうとき、自分が子供産み、育てると、どういう親子関係が築けるかなぁ、と考える。

母が私を産んだのは25歳のとき。つまり、今の私の年齢。

だけど、25歳の私はいまだに自分の将来に向かって必死。

いろいろな人生があるのだから、比べる必要などないけれど。

私もいつかはお母さんになってみたい。自分の子供と出会いたい。

そう強く憧れることによって、目標や夢への熱が冷めることは決してない。

目標も夢も憧れも、全てを手にしたい。ただそれだけのこと。

欲張りだけど、きっとそれは不可能なことではないんだって信じてる。

だからまた明日も、一歩進もうと思うんだ。

目標は絶対に達成できる。そして、夢や憧れも、きっと・・・。

[2008/01/12 17:11] | 夢のはなし | トラックバック(0) | コメント(6) |
読書にて
年末年始で、本を約7冊読んだ。

なぜ「約」なのかと言えば、最後まで読みきらなかったものもあるからだ。

その中には、「不登校」を取り上げた本もあった。

不登校については、いくつもの対策法や、いろいろな議論がある。

だけど、それらには、当事者の気持ちや意見を無視しているものが多いという。

本を読みながら、私も不登校について、いろんな想いが浮かんだけれど、

当事者からすれば、「分かったようなこと言わないでほしい」と

思われてしまうのかもなぁ・・・。

不登校の理由は人それぞれだろうし、1つに限ったことじゃないかもしれない。

学校、校則、先生、クラスメイト、親、大人、社会、決め付け、自分自身・・・

理由が無く、面倒くささから始まった人もいるかもしれない。

私の知る人で、「学校の先生は、裕福で安定した自分の生活があってこそ、

良い教育が出来るのだ」と言った人がいる。

また、「大学受験料なんて、私にとってははした金だから、払ってもいいんだけど、

私が払うと、生徒にそれが当たり前と思われるのは嫌だし」と言った人もいる。

私はそれらの言葉を聞いて、「こんな教師を信じて学校に来ている生徒がいるんだ」と、

ものすごい憤りを感じ、それと同時に脱力感も味わった。

こういうことだ。裕福な人間には、明日の生活に困る人間の気持ちは分からない。

だけど、さも分かったように熱弁するのだ。

私だって、食べたいのに食べられない人の気持ちを察することは出来ても、

心底理解はしてあげられないと思う。

病気を経験したことの無い私が、病気や身体障害の苦しみを、

心底理解はしてあげられないと思う。

だけど、見えないところであざ笑うようなことは決してしない。

理解したくても出来ない、だけど、苦しみは伝わることに涙が出る。

一緒になって真剣に考えたい気持ちがあっても、実際に役に立てなきゃ

意味は無いのかなぁ?綺麗ごとで終わるのかなぁ?

せめて、いろんな現実を知って、ひとつひとつ真剣に考え、自分の意見は持ちたいな。


先の、知ってる人に腹を立てたところで、

「私はそうは思わない!」と強く自分の意見を主張できない自分も、

身分が上のものには逆らえないという、社会の枠にはまっている

小さい小さい人間なんだけどね。

ただ、それがその人にとっての大切な「ひとつの意見」なのだろう。

みんながみんな、こういう考えじゃないのが、せめてもの救いだ。



[2008/01/06 14:33] | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(4) |
走りだせ、私!
あけましておめでとうございます。

2008のスタートです。

皆様、お正月はのんびりできましたでしょうか?

私は、天気同様、穏やかに新年を迎えることができました。

課題の本を読みつつも、数年ぶりに紅白を見ました。

そして、いつも年が明ける前にグースカ眠りについていた私ですが、

今年は起きて年を越しました。

母の作る料理を堪能しました。思い切り買い物も出来ました。

久しぶりに会った親友と、大いに語り、大いに笑いました。

つい先ほど実家から現在地に戻ってきたのですが、

反対車線を見ては、「年末に戻りたい」なんて考えて車を走らせていました。

「少し物足りないくらいがちょうど良いのだ」

「満喫しすぎてはいけないのだ」と自分に言い聞かせ、戻ってまいりました。


2007年最後の日記での言葉を忘れたわけではありません。

スタートラインに立っていた私は、もう走り出しています。

課題の本をお正月中に読み終え、明日からレポート作成に取り掛かります。

作成に取り掛かってすらいない今から、レポート完成が楽しみでなりません。

しっかり取り組み、2008年最初のレポートが、良い結果で戻ってくるとイイナ♪


今年もどうぞよろしくお願いいたします。


[2008/01/03 18:19] | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
TEAM-ELLE


いつか花を咲かせる日が来るまで、 いろんな気持ちを書き留めてゆく・・・。

プロフィール

サリー

Author:サリー
サリーです。
出身地:北海道
現在地:北海道
好き:オシャレ、犬、美しい人、舞台鑑賞、バラ、空
今月の目標:沈黙

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する